2006年 05月 25日
食と健康(野菜・果物・その他):八百屋うまいもの列伝#1:ドリアン
 
f0058896_19163167.jpg

 と、言うことで栄えある第1回目は、告知通りドリアンを取り上げます。何故外で撮ってるかって?そりゃ家族が大ブーイングで、家への持ち込みを禁止されたからです。それくらい匂いがきつい。
嫁曰く。

「うんこバナナみたい(-"-;)」

とのこと(^^ゞすごい表現です。

さて、本格的に臭くなる前に、先に少しうんちくを載せておきましょう。


---ドリアン---(あくまで八百屋の知識内 詳しくは他のホームページをご覧ください)
■ 主にタイで栽培(八百屋はタイ産しか見たことがありません(^^ゞ)
■ 果物屋さんには通年置いてありますが、主に出回るのは5月前後
■ 価格は2000円程度から10000円程度と様々。八百屋店頭価格は1980円
■ 医学的根拠は全くありませんが、ビールとの食べ合わせは危険。激しい腹痛に見舞われる可能性あり。
■ 「果物の王様」の称号を持つ。その食味は食べたものを魅了する、と言われているが果たして。 


と、言うことで、いよいよ本格的にレポートに入りましょう(^O^)/

トップの写真から、暫く常温で放置(冷蔵庫や10度以下の温度だと、ドリアンが死にますのでご注意)すると、だんだん熟して実が自然に割れてきます(下写真)。
f0058896_2002735.jpg

このように、割れてきたら食べごろです。しかし、こうなっているときの状態の匂いは、「すさまじい」のひと言。八百屋が例えるなら、フルーティなトイレの匂いでしょうか。うーん、嫁のうんこバナナと表現に大差ないですな(^^ゞ
ちなみに、割れる前に食べても実が硬くて美味しくないので注意しましょう。でも、家においておくと臭いので、お店である程度置いておいて、食べごろ間近になったドリアンを買うことをお勧めします。
f0058896_2053216.jpg

もうこうなると、手で簡単に割れますので、こうやって二つにポコンと。もちろん、包丁を使うのも全然OKです。
f0058896_2064516.jpg

食べるところは、この実の中に入っているバター色をした果肉。これを食べます。八百屋も実際に食べてみました。





(-"-;)

まず、口に持って行く前に匂いがきつすぎて食欲が減退。自身も覚悟して空腹時に食すようにしようとしたのですが、あの「匂い」はすごすぎます。

□ 八百屋ワンポイントアドバイス
匂いがきついとき、冷凍庫に1時間ほど入れてシャーベット状にして食べると食べやすいと言われています。ただし、冷凍庫内の商品に匂い移りしても、責任は一切持てません…(^^ゞ



それでも頑張って一口。しかも大さじスプーン一杯分くらいほおばってみたんですが…



\(><\)(/><)/

確かに、フルーティと言えなくもないんですが、それ以上に匂いの先入観から来る吐き気がすごい。胃から何かせり上がって来そうでした(^^ゞ食感は、ねちゃり、とした感じでバターをもう少し粘着系にしたような食感…なんとも表現が難しい。とろっと、いやどろっとしています。

食べたら癖になる…

現地で食べた方はそういう風に言う人が多いといいますが、本当にそうなんでしょうか?日本人的には、まずあの匂いでもう80%の人が駄目だと思います。それくらい「臭い」。
今、ベランダの端のほうに放置されていますがそれでも匂いは強烈。明日のゴミ出しに間違いなく出さないと、近所からクレームが来ること必至です。



表題、「うまいもの列伝」になっていまが、しょっぱなから美味くありませんでした(^^ゞ
今回は、ネタ的要素が強かった、と言うことでご勘弁ください。



さて、家族から大ブーイング+食味も「ヤラレター」で、初回から雲行きの怪しいうまいもの列伝ですが、懲りずに第2回もやります。
気を取り直して第2回の食材は、果物の「女王」(←またかよ(-"-;)みたいな突っ込みはナシの方向でお願いします(^^ゞ)と言われる「マンゴスチン」を取り上げます。
次回は、こんなキワモノ系ではないので、もっと親切に紹介できると思います。
こんな感じで、ドタバタですが次回も宜しくお願いします。よろ~(^O^)/
f0058896_21245311.jpg

そういえば、こんなパンフがついていました(^^ゞ
キワモノにパンフは必需。目新しい果物なんかにはこんなパンフがあるといいですね(^^ゞ   
[PR]

by 5aday | 2006-05-25 21:32 | 食と健康(野菜・果物)


<< F1:第7戦モナコGPフリー走...      八百屋のひとりごつ:締めるもの... >>