2006年 08月 06日
F1:第13戦ハンガリーGP予選 ライコネン2戦連続P.P.!!トップ争いの2名は中段に沈む
f0058896_19283444.jpg

公式予選結果 . .
順位 No. ドライバー チーム ベストタイム 周回
1 3 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス 1'19.599 17
2 6 F.マッサ フェラーリ 1'19.886 17
3 11 R.バリチェッロ Honda 1'20.085 22
4 12 J.バトン Honda 1'20.092 22
5 4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン・メルセデス 1'20.117 19
6 9 M.ウェーバー ウィリアムズ・コスワース 1'20.266 23
7 7 R.シューマッハ トヨタ 1'20.759 23
8 2 G.フィジケラ ルノー 1'20.924 22
9 8 J.トゥルーリ トヨタ 1'21.132 23
10 17 ロバート・クビカ ザウバーBMW 1'22.049 21
11 16 N.ハイドフェルド ザウバーBMW 1'20.623 10
12 5 M.シューマッハ フェラーリ 1'20.875 9
13 14 D.クルサード RBRフェラーリ 1'20.890 11
14 15 C.クリエン RBRフェラーリ 1'21.207 10
15 1 F.アロンソ ルノー 1'21.364 12
16 18 T.モンテイロ MF1トヨタ 1'23.767 9
17 20 V.リウッツィ STRコスワース 1'22.068 7
18 10 N.ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース 1'22.084 6
19 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda 1'22.967 6
20 21 S.スピード STRコスワース 1'23.005 8
21 19 C.アルバース MF1トヨタ 1'23.146 6
22 23 山本左近 SUPER AGURI Honda 1'24.016 6

■ バトンとアルバースは、エンジン交換のため10グリッド降格
■ スピードは走路妨害のため、予選時のトップ3のタイムが抹消
■ アロンソは、イエローフラッグ無視と、ドーンボスにブレーキテストのような走行を行ったため予選全セッションに2秒加算のペナルティー
■ ミハエルはQ3のレッドフラッグ時に2台の車を抜いたため、予選全セッションに2秒加算のペナルティー

結果については、F1-Live.comを参照


 予選時の特記事項にこんなに長々と書いたのは、ブログを始めて初めての出来事です。やはり、予選前のトップニュースは、チャンピオン争いをしている当事者二人に、予選全セッションタイムに2秒加算のペナルティーが課せられた事でしょうか。
 もう16年F1を見ていますが、ワールドチャンピオン争いをしている両者に、しかも同様のペナルティーが与えられたのは、初めてのことじゃないでしょうか?
 ペナルティーの内容については、各F1中心のサイトが報じているのでそちらに譲るとして、きな臭い話としては、
f0058896_19583090.jpg

■ ルノー側
 ドーンボスが、抗議している訳でもないのにこんなに詳細に調査を受けて、ペナルティーが課せられるなんておかしい。どこか違う力が働いているとしか言いようがない。
フラビオ・ブリアトーレ 談

f0058896_19584354.jpg

■ フェラーリ側
 赤旗時のオーバーテイクには、ある人物が絡んでいるよ。VTRでチェックしてみれば一発さ。
ミハエル・シューマッハ 談


なんてコメントがそれぞれから上がっています。二人ともペナルティーを受けて仕方がない行為をしているので何とも言えませんが、しかし、何かしら違うところからの圧力があるのがとても気になります…もっと純粋なチャンピオンシップを見たいんですけどねぇ…
 それでは、予選を振り返ってみましょう。



■ Qualify 1
 今回の予選の見所は、2秒加算のペナルティーを受けた二人が、何処まで残れるのか?まさかQ3まで残ることが出来るのかが見物となった。結果的には、16位のタイムが22秒0だったので、20秒0がターゲットタイムとなった。
f0058896_2011293.jpg

 ミハエルは楽々セーフ。
f0058896_2014370.jpg

 アロンソは結構ギリギリ…まだQ1なので、本当の実力とは言いがたいが、車の仕上がりはフェラーリのほうが良さそう。
 ノックアウトは、上から順にリウッツィ・ロスベルグ・琢磨・スピード・アルバース・山本。琢磨、スピードとアルバースを喰ったけど、Q2への道のりはまだまだ遠い。しかし何故ロスベルグは落ちている?


■ Qualify 2
 トップ争いをしている二人が、Q3に残るのか?注目が集まった。
 最終的に、10位のタイムが20秒2だったので、18秒2が求められる…ちなみにコースレコードは昨年のミハエルの18秒9。
f0058896_20102355.jpg

 ミハエル。渾身のアタックで18秒6をたたき出すも惜しくも通過ならず。セクター3に移る頃に左フロントにグレイニングが出て、タイムアップならず。しかし、素晴らしいフライングラップだった。
f0058896_20113143.jpg

 アロンソは全然駄目…
 ノックアウトは、上から順にハイドフェルド・ミハエル・クルサード・クリエン・アロンソ・モンテイロ。クビカが初参戦でQ3まで生き残り。レギュラーのハイドフェルドを上回る…凄い…ヴィルヌーブは大丈夫なんだろうか…


■ Qualify 3
f0058896_20181746.jpg

 1回目のアタックでマッサがトップタイム。2回目のアタックは小雨がぱらつき、各車タイムアップが出来ない。そんな中…
f0058896_2019952.jpg

 ライコネンが2戦連続P.P.!!今回は、ちゃんとガス入っているよね!?
f0058896_20195441.jpg

 バリチェロ3番手、バトン4番手。HONDA3-4なんだけど、バトンはエンジン交換で10グリッド降格…しかし大苦戦を予想していたHONDAが、ハンガリーでもそこそこ速さを見せ付けた!!好材料だ。
f0058896_2021540.jpg

 珍しい顔ぶれとなった、トップ3。ライコネンは勿論今季初優勝を狙う!!
 複雑な立場なのが、マッサ。
 スタート後、わざとペースを落として3位以下をホールドし、ロングスティント出来るであろうミハエルを援護するのか?(←もっと端的にいえば、チームからそういう走りをしろと命令されるのか)それとも、優勝を目指してなるべく多いポイントを稼ぎ、アロンソに1点でも多くマークさせない方法をとるのか?注目が集まる。フィジコは沈んだので、援護が難しそうだ。

 そして鍵を握りそうなのはトヨタ。
 この2台も1回目のピットストップを比較的引っ張りそうなので、ミハエルやアロンソが彼らに追いついたとき、彼らを抜けるかどうかがポイントになりそうだ。トヨタに付き合うようだと、より上位への進出が難しくなるかもしれない。


 さて、後約30分後に決勝なんですが(^^ゞ、今回は、チャンピオン争いはひとまず置いておいて、誰が優勝するのかを楽しみに見たいです。
 現実的には、ライコネンが一番近いですが、マッサの初優勝や、トラブルなどの展開如何では、

バリチェロの優勝+HONDAの初優勝

なんかが見られるのかもしれません。とっても非現実的なのは理解していますが…(^^ゞ
それとも、ミハエルかアロンソが優勝して、伝説を作るんでしょうか?ルノーはやや厳しそうですが…

もうすぐ決勝!!楽しみでっす!!(^o^)丿
 
[PR]

# by 5aday | 2006-08-06 20:30 | 2006 GP Qualify
2006年 08月 05日
サッカー:オシムが新生日本代表を発表!!
8/6 17:30 追記

 昨日、追加の5名のメンバーの発表がありました。
 これで、押しなべて18名が選ばれたことになります。
 
 何故、一気に18名発表しなかったのか?
 非常に疑問が残ります。
 先に発表した13名は特別扱いと言うことなんでしょうか?
 いきなり、そのような特別待遇してしまっていいのでしょうか?
 何とも不可解です。

 あの13名は恐らくそのまま、アジアカップのイエメン戦にも呼ばれるだろうし、この5名は呼ばれない公算が高いと思います。
 でも、呼ぶなら一気に呼んだらいいじゃないのか?
 そう思わずにはいられません。

 後、金曜の夜、TBさせていただきながら多くの方の、オシム関係のブログを拝読させていただきました。
 論調は、浦和のメンバーの多さの指摘と、何故13人なのかを問題提起しつつも、おしなべてオシムに好意的な物が多かったように思えます。
 13名しか召集しなかったのは、JFAに対する毅然とした態度、と評していた方も少なくありませんでした。

 JFAに対して毅然とした態度で臨む態度は必要だと思います。それはある意味当然であって、なあなあではいけない。
 しかし、それが13名しか呼ばないことで、それを表そうとするのは実におかしいことだと思います。今は、チームの基礎を作らなければいけない。気になる人はどんどん呼んで、交代枠いっぱい使って、新しい流れを作っていく必要がある。オランダの、ファン・バステンがとった手法が今、日本には必要じゃないかと思うんですね。
 でも、それなのに13名しか発表しないのは、自分の首を絞めているようにしか思えないし、尚気になるのは、その後5名の追加召集が「翌日」発表されたこと。
 いい流れでは無いと思います。ジーコがやったような失敗は、オシムには犯してほしくない。特別待遇ナシの、全員ゼロからのスタートで見てもらいたい。そう思います。

 浦和の6名+1名の召集は、現状を考えれば当然だと思います。浦和の選手は、優秀な方が多いしドイツ大会に選ばれて然るべき人もいた。別に偏っているとは思えません。ただ、リーグ戦との日程との両立は大変だと思いますが…
 
 アンチ・オシム的な論調なので、批判も覚悟しますが、やはり八百屋的には日本代表の将来が心配です。結果を見るまで、このような論調は展開すべきでないと思うんですが、スタイルは違うとは言え、ジーコのときとあまり大差がないような気がして、同じ過ちにならなければいいなぁと思わずにはいられません。
 取り敢えずは、トリ・トバ戦をじっくり見てみたいと思います。


(これより下の文章が、8/5にアップした内容です)


f0058896_0255416.jpg
 遅れに遅れて、漸く新生オシムJAPANのA代表が発表になった。
 まず、メンバーを見てもらい、そこから2-3点話をして見たい。

GK:
川口能活(磐田)
山岸範宏(浦和)

DF:
三都主アレサンドロ(浦和)
坪井慶介(浦和)
田中マルクス闘莉王(浦和)
駒野友一(広島)

MF:
田中隼磨(横浜FM)
今野泰幸(FC東京)
長谷部誠(浦和)
小林大悟(大宮)

FW:
我那覇和樹(川崎)
佐藤寿人(広島)
田中達也(浦和)

■ トリ・トバ戦 メンバー発表 オシム監督記者会見の模様


就任して間もなく、まだ結果も出てないのにうだうだ言うのは失礼かと思ったが、結果がでる前にうだうだ言って、結果が出てからもうだうだ言うのがこのブログの趣旨(?)なので、今回も言わせてもらいたい。

◆ 何故小野を呼ばないのか?

 このメンバーをはたと見てまず違和感を感じたのが、柱となるゲームメーカーがいないこと。A3絡みで、千葉・G大阪・鹿島が呼べなくとも浦和の小野がいるはずだ。彼は今コンディション不良にあるらしいが、怪我をしているわけではないので呼んでもいいのではないかと思った。なるほど、走れる選手は増えているが、その反面ゲームメーカーに乏しい…ジーコJAPANと、全く逆の展開だ。大丈夫なんだろうか…緻密なゲームプランが用意されているのだろうか…


◆ 何故13人なのか?

 チーム構成の主たる前述した3チームが呼べないという事情もあり、やや遠慮しているのかもしれないが、何も13人じゃなくともいいじゃないか。経験積ませるためにも、枠はフルに使ってもらいたいものだ。別に新生日本代表お披露目会ではない。4年後に向けたチーム構築は始まっている。今回だけ呼んで、次のイエメン戦に10人以上呼ばなくとも全く問題ない。枠はいっぱいに使うべきだ。少なくとも今の段階は…。いろいろな発見があるかもしれないのに、それを放棄してしまうのはどうかしている。


◆ A3の日程はわかっていたはずなのに何故、この日程で親善試合を組むのか?

 これは、オシム監督の問題ではないがA3の日程とかち合い、満足にメンバーが呼べないのもわかっていながらこの日程を組んだJFAはどうかしていると思う。相手も、何故トリ・トバなのか?恐らくこの日程で都合のつくチームは少なかったと思うが、相手の選定について明確なビジョンも無い。
 頼むからジーコの時と同じような過ちは繰り返さないで欲しい。国際親善試合は、大事な試金石なのだ。日程も相手も、充分考慮したうえで選定してもらいたい。
 今後の日本代表に役立つ相手を選んでほしい。負けまくってもいいじゃないか。負けから学ぶものは大きいし多い。それを今後に生かすかどうかは監督次第だ。


 と、まあ疑問点はまだまだ尽きないが、今回大きく疑問に思ったのはこの3つ。
 気になるメンバーを見れば、大宮の小林大悟あたりの選出は、なるほど!!と思わなくもないが、GKが川口だったりするのは大いに疑問だ。結局何を基準に選ばれたのかが理解できず、オシムも
「絶対的な基準は、日本人であるということだ」
と言う、お寒い受け答えをしていたが、本当にそれしか満たされていない選考基準だ。
 そもそも、メンバー発表も遅れ、本当に大丈夫なのか、不安で仕方が無い新生オシムJAPANだ。
 もう、勝てばなんでもいいと言う時代は終わった。
 内容がこれからは問われるだろう。

 オシムは、サッカーにメッセージをこめることが出来るのであろうか?
 走りきるだけで勝てる時代はもう30年くらい昔の話だ。
 内容のある、ゲームプランのしっかりしたサッカーを期待したいものだ。


 
[PR]

# by 5aday | 2006-08-05 00:52 | サッカー日本代表
2006年 08月 04日
F1:第13戦ハンガリーGP フリー走行2回目
フリー走行2結果 . .
順位 No. ドライバー チーム ベストタイム 周回 平均速度(km/h)
1 6 F.マッサ フェラーリ 1'21.778 12 192.858
2 1 F.アロンソ ルノー 1'23.097 15 189.797
3 2 G.フィジケラ ルノー 1'23.189 14 189.587
4 37 R.ドーンボス RBRフェラーリ 1'23.195 30 189.573
5 36 A.デビッドソン Honda 1'23.498 31 288.885
6 7 R.シューマッハ トヨタ 1'23.747 19 188.324
7 8 J.トゥルーリ トヨタ 1'23.771 18 188.270
8 5 M.シューマッハ フェラーリ 1'23.931 19 187.911
9 16 N.ハイドフェルド ザウバーBMW 1'23.934 11 187.904
10 17 ロバート・クビカ ザウバーBMW 1'24.106 11 187.520
11 4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン・メルセデス 1'24.252 11 187.195
12 39 M.ヴィンケルホック MF1トヨタ 1'24.381 28 186.909
13 11 R.バリチェッロ Honda 1'24.445 17 186.767
14 12 J.バトン Honda 1'24.465 15 186.723
15 18 T.モンテイロ MF1トヨタ 1'24.508 8 186.628
16 35 A.ブルツ ウィリアムズ・コスワース 1'24.609 31 186.405
17 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda 1'24.623 23 186.374
18 10 N.ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース 1'24.793 12 186.001
19 40 N.ジャニ STRコスワース 1'24.854 33 185.867
20 19 C.アルバース MF1トヨタ 1'25.038 7 185.465
21 21 S.スピード STRコスワース 1'25.152 16 185.217
22 9 M.ウェーバー ウィリアムズ・コスワース 1'25.393 8 184.694
23 15 C.クリエン RBRフェラーリ 1'25.647 14 184.146
24 14 D.クルサード RBRフェラーリ 1'25.843 12 183.726
25 3 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス 1'25.968 11 183.458
26 20 V.リウッツィ STRコスワース 1'26.198 16 182.969
27 23 山本左近 SUPER AGURI Honda 1'26.877 20 181.539
 
結果・及び文中のリンク先については、F1-Live.comを参照


 フリー走行の結果をお伝えする前に、2つの案件をご紹介したい。

■ ルノー、マス・ダンパーを使用せず

 結局、マス・ダンパーの使用に再度FIAが"待った"をかけた状態になり、ルノーはしぶしぶ外す決断を下したようだ。
 木曜日の車検で、トーロ・ロッソのマス・ダンパー仕様車がひっかかったという情報が流れ、ルノーも大人しくこれに倣ったようである。しかし、この猫の目のようにくるくる変わる状況に、いささか八百屋ももたれ気味。ファンは、お互いが最高の状態でのバトルを望んでいるはず(熱狂的なファンはそうも言えないかも知れませんが…(^^ゞ)。八百屋としても、マス・ダンパー仕様のRS26がフェラーリに何処まで挑めるかを楽しみにしていたので残念だ。
 以前の項目でもうだうだ喋ったので、手短に結論を言えば、マス・ダンパーの使用は認めるべきである。


■ オファーを考慮中のウェバー

 意外な形でウイリアムズを放出されて、来期のシート探しが急務のウェバーだが、どうやら本人を含む父親やマネージャー筋は、それほど悲観的ではないようだ。
 この記事を遡ってみれば、どうやら、ルノーにライコネンが乗らなければウェバーのルノー入りがあるみたいで、これも全ては「ミハエルの去就次第」と言うことになりそうだ。
 しかし、「ミハエル・ライコネンのシート次第」とももらしており、やはりライコネンの動きを差し置いてウェバーがルノーに入る見込みは低そう。パドックの噂を総合すれば、美味しい契約状態にあるライコネン(ミハエルが引退すればフェラーリ、引退しなければ他チームへの移籍可能(ここで言うところの他チーム=ルノー))の動き次第で、ウェバーがルノーかレッドブルになりそうな気配である。



 さて、それではFP2の結果をお伝えしたい。
 金曜朝までレインコンディションだったハンガロリンク。FP1の頃には雨も上がり、コースも所々ドライになったようだが、気温が低いまんまでの推移に、タイヤメーカーも驚きを隠せない様子だ。
 FP2のコンディションも、気温20度、路面温度27度と低いまま。ただ、このコンディションが日曜まで続くとは考えにくく、逆に「今日だけ」のコンディションになりそうな気配だ。
 やはり、このチャンピオンを争う2チームが本気になったのだろう。今までFP2は軒並み3rdドライバーの天下だったが、今回は、マッサ・アロンソ・フィジケラのトップスリーとなった。マッサは、どうやらパフォーマンスチェックをやったようで、1人タイムがズバ抜けている。ただ、考えようによっては、ひょっとすると比較のためにタイヤを2セット使ったかもしれないので(あくまで推測)FP3の動向を確かめたい。
 マス・ダンパー不使用のルノーがしっかり2番手・3番手にいるのも立派。マス・ダンパーがなくてもやれるということをチームは証明しようとしているのか。
 FP1でトップだったライコネンは下位に沈んでいる。今のところトラブルなどの情報は入っておらず、上位陣としても平均やや少なめの11周をこなしており、タイヤ温存の構えかもしれない。
また、SuperAguriの琢磨が17番手とこちらも、予選に向けて期待の持てる順位に収まっている。
 
 明日のFP3、Qualifyが楽しみだ!!
 
[PR]

# by 5aday | 2006-08-04 23:49 | 2006 GP Practice