2006年 08月 16日
サッカー:アジアカップ予選 イエメン相手にホームで辛勝
アジアカップ 1次予選

○ 日本 2 - 0 イエメン ● at 新潟スタジアム
得点者:阿部('70) 佐藤寿('90+1)
警告:フバイシ(b) アルワ(b) アブドゥラ(b) ヤハヤ(b)


 まずは、公式戦、初勝利おめでとうございます。
 しかし、厳しいことを言えば勝利は当然の条件で、内容が問われた今回の試合。残念ながら内容が良いとはいえなかった。
 前半は、ガチガチに引いて守るイエメンに、攻撃が手詰まりになる場面が。しかし、そんな中でも決定的なチャンスが訪れるも、田中達也、巻と、期待通り外してくれて、試合をより難解にしてくれた(-"-;)トゥーリオも惜しいシーンがあったが彼はCBなので責めるのはちょっと違うかなぁと…しかしトゥーリオ昔のリベロみたいで良い感じです。八百屋的には嫌いではありません(←でも、後で苦言を言わせてもらいますが…(^^ゞ)
 攻撃的MFにサントスと遠藤が入っていたがこの辺も、適役がいない台所事情の苦しさが窺える。遠藤は1人で持ち込んで決定的なシーンを作ったがそれ以外はFKを蹴ったくらいしか印象に残らかったし、サントスは、中盤でパスまわしやって活きる選手ではないので、この辺に"欧州組"の影が見え隠れした前半戦だった。

 後半、LSBの駒野を下げてジェフの教え子羽生を投入。サントスをLSBに戻した布陣に変更。これで流れが良くなったとBS解説陣は評価していたが、得点が入る気配はまだ程遠い…そんな中、先制点は後半25分、CKに阿部のヘッド…意外な形で先制点が生まれた。
 この後はリズムも良くなり、再三攻めるがそれでもいえめんごーるは遠い遠い。最後に途中交代で入った佐藤寿が、ヘディング(ボールにかすった程度)シュートのキーパーのこぼれ球をきっちり押し込んで2点目。これが後半ロスタイムに入ってからの出来事だった。

 2-0は結果的には望んだものだと思うが、内容はやや不満が残る。
 前半、ガチガチに引くイエメンに攻めが手詰まりになってしまったのは、オシムのやり方が浸透すれば、打開できるサッカーを見せてくれるものと信じて今回は触れないこととする、がっ!!決定機は外しちゃいけんでしょう(-"-;)これは連携とか関係ないから。決めるときに決めないと。田中達也、今回はどう見ても残り少ない時間で結果を出した佐藤のほうが評価高いはずだから。彼は、ガチガチに引かれたときに、自分の持ち味をどのようにして出していくかが、今後の課題になりそうだ。
 後半、選手を入れ替え、システム弄くりよく頑張っていたと思うがゴールは遠かった。これも、時間の経過と共に良くなっていくものと信じたい。それから、気になったのはトゥーリオ。神出鬼没で、何処にでも顔を出し、今回は展開が展開だったので相手ゴール前での存在がひときわ目立ったが、これって格上にも出来るプレースタイルなのか?イエメンだからやれたのか?この辺が非常に気になる。ただ、本当に運動量落ちなかったし、FKも蹴れるし、凄い選手だと思った。このプレーが格上の相手にも出来るようなら、日本はなかなかいい、攻撃の切り札を手に入れたんじゃないだろうか。ただ、彼が上がった後のスペースのカバーが大変そうだが…(^^ゞ

 連携や、システム、戦術については時間をかければ良くなっていく物だと信じたい。
 問題は、目の前に現れる決定的シーン。これを決めれるようにならないと、世界の距離は遠いままだろう。
 9/6以降はアウェー3連戦。今後の日本代表のサッカーに期待したい。 
[PR]

# by 5aday | 2006-08-16 23:39 | サッカー日本代表
2006年 08月 14日
サッカー:オシム、イエメン戦メンバー発表
 昨日、オシムがイエメン戦のメンバーを発表したのでちょっと拝見…

GK
川口能活(磐田)
山岸範宏(浦和)

DF
三都主アレサンドロ(浦和)
坪井慶介(浦和)
加地亮(G大阪)
田中マルクス闘莉王(浦和)
駒野友一(広島)

MF
中村直志(名古屋)
羽生直剛(千葉)
遠藤保仁(G大阪)

鈴木啓太(浦和)
阿部勇樹(千葉)
山瀬功治(横浜FM)
佐藤勇人(千葉)
田中隼磨(横浜FM)
小林大悟(大宮)
長谷部誠(浦和)

FW
巻誠一郎(千葉)
我那覇和樹(川崎)
佐藤寿人(広島)
田中達也(浦和)
坂田大輔(横浜FM)


 うーん、なるほどっ、そんな感じか。やはり、"走ってナンボじゃい"の路線は感じられますが、ゲームメイクはどうなんでしょうか?今回は千葉から阿部も入っているので、少しは期待できるのかな?でも大宮の小林大悟にもがんばってもらいたいぞぅぞぅぞぅ!!
 Jリーグ、あまり見ていないので何とも言えないんですが、長谷部と阿部のWボランチとかあるのでしょうか?遠藤いるからないよなぁ、バランスも悪そうだし。見てみたい気もするけど。後、個人的には田中隼磨(←珍しい名前だ)に頑張ってもらいたいなぁと。
 そして、八百屋的には断然トゥーリオっ!!こういうDF大好きです。是非日本のDFの概念を変えていただきたい。

 遠征で海外組が加わると、これにどのようなメンバーが加わるんだろうか?いずれにしても、昔の面影は随分無くなったと言えるんじゃないでしょうか?
 

 余談ですが、メディアの方々へ。
 ○○JAPAN、とか、○○チルドレン、とか言う表記、いい加減やめようよ。
 オリジナリティー無いし、何より知性が感じられないよ。2番煎じどころか、出がらしってカンジするけど。
 こんな表現が横行しているから、日本のスポーツジャーナリズムってなんか芸能関係の記事と大差なくなってきているようにしか感じられないんだけどなぁ(-"-;)
 
 八百屋も○○JAPANは封印しますm(__)m
 最後に猛毒はいて、ごめんなさいでした(^^ゞ
 
[PR]

# by 5aday | 2006-08-14 07:52 | サッカー日本代表
2006年 08月 12日
F1:ウェバー、レッドブル移籍 他数件
 HONDAの優勝も覚めやらぬハンガリーGP後の数日間に、いろいろなニュースが飛び出してきているので、まとめてお伝えしつつ、八百屋の意見も交えながら掲載したい。
(文中のリンクは、F1-Live.comを参照)


■ ウェバー、レッドブル入り

 意外に早くまとまったこの話。ライコネンやコバライネンのルノー絡みが決まってからかと思っていたので、レッドブルはこれでルノーエンジンを使う意思が無いことがハッキリした。この決定で、レッドブルがコスワースV8エンジンを搭載し、トーロ・ロッソにRB2ごとフェラーリエンジンを譲渡する"当初の予定通り"のシナリオが展開されるだろう。そして、VWグループのF1参戦も現実味を帯びてきているのかもしれない…
 エンジンが決まったことで、ニューウィー先生もマシンの設計にプラス材料が出来たはず。コンパクト設計のコスワースV8のほうが、でかいフェラーリエンジンより、設計における許容範囲が広がるはず。
 これにより、クリエンもシートを失い就職活動に身をおくことに。トーロ・ロッソもベルがー始め首脳陣が難色を示しているので、クリエンにはシート喪失の危機が迫っている。
 後、余談だが、クルサードもウェバーも、ウィリアムズ出身。ウィリアムズで現役を引退したドライバー(シートを失ったドライバーは除く)って、最近ではプロストくらいか?結構シビアにドライバーを切り捨てるウィリアムズ。ロスベルグもスランプに陥っているみたいで、来期のウィリアムズがちょっと不安…


■ ジャック・ヴィルヌーヴ、BMWを離脱

 あーあ、不安が現実の物へ。BMWはヴィルヌーブの離脱と、代役にクビカの起用を発表した。
 ハンガリーGPでも、車両重量規定違反でリザルト抹消の憂き目になったが当の本人は7位フィニィッシュと、荒れたレースでそれなりに結果を残している。しかし、スピンも多く、フロントウイングも破損しており、まだこの初戦だけで彼の実力を測るのは難しいが、何もシーズン中にこんな荒っぽいやり方で交代しなくとも…しかも、ジャックはBARでも同じ憂き目にあっており(その時の代役が佐藤琢磨)、F1って本当に世知辛いぞ!!コノヤロー!!
 ちなみに、マクラーレンのデ・ラ・ロサも後2戦で放出の可能性ありだとか。表現的には「後2戦のシートが保障されている」だそうで、それって裏を返せば2戦経ったらシートは保障されない!!ってことだよね!?ハンガリーGPで2位表彰台に立ってもこんな噂しか出ないので、本当にF1って世知辛いぞコノヤロー!!ちなみに、後任はやはりGP2で大活躍のあの人でしょうか…


■ FIA エンジン開発凍結を2006年中国GP終了時より実施すると発表

 当初より1年前倒しされて、エンジンの開発凍結案が議決され、このたび効力を持つこととなった。凍結されるのは、2006年の中国GP以降。それまでは、エンジンいじりたい放題、チューンし放題だが、これ以降は基本的にエンジンをチューンアップすることが禁止される運びとなった。
 これも、コスト削減案の一環だが、ついにFIAは競争の自由を奪ってまで、コストの上昇を抑制する"具体的な手段"に乗り出す構えだ。まあ、技術開発を制限することで、余計なテストをすることも無く、人的資源や資金を湯水のように浪費することもなくなるんだろうけど、やはりF1というモータースポーツ最高峰のカテゴリーならではの"モア・パワー"を追及する競走が見られなくなるのは素直に残念だ。



 世代交代の容赦ない波が押し寄せ、コスト削減という名のもとに技術開発が規制される。
 F1は間違いなく大きな転換期を迎えつつある。八百屋的にも1990年から見てきて以来、かなりの大きなうねりを伴う改革にF1サーカスが身を投じようとしている。
 F1は今後もずーっと続いていくのだろうが、この改革がこれ以上、興味を損ねるような改革にならないことを祈るばかりである。
[PR]

# by 5aday | 2006-08-12 23:29 | 2006 other issue