カテゴリ:Football other issue( 1 )

2006年 02月 25日
サッカー:ゼロックススーパーカップ 浦和が制す
 今年J初の公式戦が開催。ゼロックススーパーカップは、予想以上に浦和のワンサイドゲームで幕を閉じた。
 
 浦和は効果的な補強もさることながら、やはり連携がしっかり取れていた。基本的には去年のメンバーを踏襲しながら、小野・ワシントンといったメンバーが効果的に前線に絡んでいた。2点目、3点目は外国人選手の質の高さをうかがわせる得点だった。
 一方のG大阪は、アラウージョ、大黒の得点源が抜けてしまい、大分からマグノ・アウベスを引き抜くもまだ連携不足と言った感で、浦和に大きな脅威を与えることは出来なかった(1得点は浦和のオウンゴール)。
 浦和はこの試合からも間違いなく優勝候補と言えるだろう。更なる連携を高めれば、小野も更にフィットするだろうし、攻撃陣のワシントン・ポンテ・小野のカルテットは去年のG大阪より、創造力の面で脅威と言えるだろう。
 対抗馬をあげるとすればやはり横浜、磐田、千葉、ダークホースでG大阪か。
 横浜も日本代表を多く抱える点で有利とも不利とも言えるが、久保の復調が全てを握ると言っても過言でない。あとは岡田監督がフィジカル中心のオフメニューを組んだことで、チームを抜本的に改造しようとしている点も興味深い。
 磐田はベテランと若手の融合。中山・名波らベテランとカレン・ロバートなどを代表とする若手の融合は、ハマればJ王者返り咲きも無くもない。ただ、このところ全てのチームにいえることだが、ベテランは調子が上がらないとトップフォームに上がらないままシーズンを終えることも多いので、あくまで若手とベテランの融合であり、ベテランへの依存はマイナスであると言うことが言える。
 千葉は巻・阿部らのA代表若手とオシム理論で悲願のJ初制覇を目指す。トルコキャンプも話題になった千葉は、今年こそひょっとするかもしれない。
 G大阪は、加地やマグノ・アウベスら移籍組と現状の戦力の連携を如何に高めるか。西野監督の手腕が問われるだろう。

 ワールドカップイヤーのJリーグも来週から開幕!!A代表選手らには怪我には十分注意して戦ってもらいたい。そして海外から復帰の小野・柳沢らの活躍を是非見たいものだ。
 
[PR]

by 5aday | 2006-02-25 22:06 | Football other issue