カテゴリ:2006 Test( 2 )

2006年 07月 20日
F1:待ってました!!SuperAguri新車SA06Aついにデビュー!!
f0058896_0125730.jpg

画像はF1-Live.comより引用

■ 琢磨、SA06Aを初ドライブ … F1-Live.com

◆ Super Aguri、新車をシェイクダウン … from ニックのSTEREO-MODE

◆ スーパーアグリSA06A登場しました … from Motohiroの本音トーク


 今日は、何と言ってもこれでしょう!!
待ちわびたSA06Aがついに登場しました!!SA06Aに至る経緯や、SA06「A」と言う名が付いた理由は、懇意にさせていただいている管理者様の、ニック様Motohiro様のブログをご覧にいただければよーく解ります。初心者でも大丈夫でっす(*^_^*)そちらをご参照くださいませ(^O^)/
 
 今までSuperAguriは金持ちの道楽だの、本気でレースしていないだの、亜久里代表についてはチーム代表としての手腕に乏しいだの、ドライバーのままで終わっていれば彼の名声は傷つかなかっただの、琢磨にしても車が遅くなった分走りがますます危険になっただの、海外メディアは散々書き立ててくれましたが、

SA06Aの走りで、今までボロカス言ってたメディアを黙らせてやりましょう!!

 確かに、SuperAguriの参戦意義や見通しの甘さ、亜久里代表の運営手腕は指摘されても仕方がない部分もありますが、しかしやはり八百屋は右にならえ!!ヨロシクのノータリン日本人だからでしょうか?それもOK!!これもOK!!あれもOK!!になってしまいます(^^ゞ
 例えば、MF1がこのタイミングで新車を出してもこんなデカデカと扱うことはないでしょう。現にトヨタのTF-106Bの時もチラッとモナコGPの件で触れた程度ですから…
 なんだか期待してしまいますよね。琢磨+亜久里代表+HONDA…
 HONDAのオールインワンチームとは別の期待が個人的にはありまっす!!

 アロウズの旧シャーシの正常進化モデルと言うことで、懸念がないといえばウソになりますがもうこれは、速くなれば何でもいいです。一説では、旧車より2秒とも3秒とも速いと言われているだけに、そのポテンシャルをドイツGP以降、如何なく発揮してもらいたいです。取り敢えずは、MF1より速くなってそれより上の方々とバトルができるようになればそれでもいいと思います(^^ゞだって他のチームとは歴史が違うんですから…
と、言いつつも早くテールエンダーから脱出して、あわよくば、今年の内にポイントを!!そんな欲張りな期待もしてしまいます(^^ゞ

これでもテールエンダーから抜け出せなかったらどうするのって?



(^-^;
そんな突っ込みはナシの方向でお願いします




 
[PR]

by 5aday | 2006-07-20 23:50 | 2006 Test
2006年 02月 25日
F1:SuperAguri テストタイムはトップの6秒落ち
 4年前のアロウズのシャーシをモディファイしてテストにこぎつけたSuperAguri。結果はトップから約6秒落ちのタイムだった。
(詳しい内容はここをぽちっと)
 このタイムには色々な見解があると思う。ただ、おいら個人としては、日本人だから等の贔屓が100%あることを断言した上で、「よくやっている」と思う。
 何せ2002年のマシンである。今年から変更になった、V8エンジンにマウントさせるだけでも大変だったと思うし、何より準備期間が短すぎる。そんな中でトップの6秒落ちまで迫ってきたことには、やはり現場スタッフの渾身の努力の賜物と言えるだろう。
 じゃあ今年ポイントが取れるか、と言われればそれは厳しいかもしれない。1週6秒落とせば、20周もしないうちに周回遅れになってしまう。
 
 それでも良いじゃないか。

 純粋にレースが好きな人がチームを立ち上げ、日本企業の協力を仰いでF1に挑む。とっても素敵だと思うし、今までにはあまり無かった例だ。ゼロからのチームの立ち上げは、自分の記憶の限りでは、ジョーダン(現MF1)とザウバー(現BMWザウバー)が最後のような気がする。そして、彼らは0からの立ち上げながら、見事なマネジメント手腕で、大きな足跡を残してきた。
 そして今回、SuperAguriにはHONDAがついている。
 早くも今年のNo.1エンジンの呼び声高いHONDAエンジン。シャーシやその他の開発がついてくれば、コンスタントにポイントが取れるマシンに仕上がってくるはずである。今年1年は厳しくとも、今年1年は実践のデータ蓄積と割り切り、来期からコンペティティブなマシンを作ってもらいたい。
 ただ、110%ルールなるものがあるので(昔は107%だったね)、予選は最悪でも110%のタイム内で通過して欲しいと、つい欲張ってしまうおいらである。どんなでもいいから、やっぱりコースの上を決勝まで走って欲しいよね。
 まだまだ、空力のモディファイを施してくると言うことなので(ぶっつけ本番らしいけど)、タイムが上昇することを期待しています。
 
 さあ、2006年F1開幕戦バーレーンまであと2週間。いよいよカウントダウンって感じです。ブログもF1ネタを多くアップしていきやすv(。-_-。)v
[PR]

by 5aday | 2006-02-25 21:26 | 2006 Test