2006年 08月 16日
サッカー:アジアカップ予選 イエメン相手にホームで辛勝
アジアカップ 1次予選

○ 日本 2 - 0 イエメン ● at 新潟スタジアム
得点者:阿部('70) 佐藤寿('90+1)
警告:フバイシ(b) アルワ(b) アブドゥラ(b) ヤハヤ(b)


 まずは、公式戦、初勝利おめでとうございます。
 しかし、厳しいことを言えば勝利は当然の条件で、内容が問われた今回の試合。残念ながら内容が良いとはいえなかった。
 前半は、ガチガチに引いて守るイエメンに、攻撃が手詰まりになる場面が。しかし、そんな中でも決定的なチャンスが訪れるも、田中達也、巻と、期待通り外してくれて、試合をより難解にしてくれた(-"-;)トゥーリオも惜しいシーンがあったが彼はCBなので責めるのはちょっと違うかなぁと…しかしトゥーリオ昔のリベロみたいで良い感じです。八百屋的には嫌いではありません(←でも、後で苦言を言わせてもらいますが…(^^ゞ)
 攻撃的MFにサントスと遠藤が入っていたがこの辺も、適役がいない台所事情の苦しさが窺える。遠藤は1人で持ち込んで決定的なシーンを作ったがそれ以外はFKを蹴ったくらいしか印象に残らかったし、サントスは、中盤でパスまわしやって活きる選手ではないので、この辺に"欧州組"の影が見え隠れした前半戦だった。

 後半、LSBの駒野を下げてジェフの教え子羽生を投入。サントスをLSBに戻した布陣に変更。これで流れが良くなったとBS解説陣は評価していたが、得点が入る気配はまだ程遠い…そんな中、先制点は後半25分、CKに阿部のヘッド…意外な形で先制点が生まれた。
 この後はリズムも良くなり、再三攻めるがそれでもいえめんごーるは遠い遠い。最後に途中交代で入った佐藤寿が、ヘディング(ボールにかすった程度)シュートのキーパーのこぼれ球をきっちり押し込んで2点目。これが後半ロスタイムに入ってからの出来事だった。

 2-0は結果的には望んだものだと思うが、内容はやや不満が残る。
 前半、ガチガチに引くイエメンに攻めが手詰まりになってしまったのは、オシムのやり方が浸透すれば、打開できるサッカーを見せてくれるものと信じて今回は触れないこととする、がっ!!決定機は外しちゃいけんでしょう(-"-;)これは連携とか関係ないから。決めるときに決めないと。田中達也、今回はどう見ても残り少ない時間で結果を出した佐藤のほうが評価高いはずだから。彼は、ガチガチに引かれたときに、自分の持ち味をどのようにして出していくかが、今後の課題になりそうだ。
 後半、選手を入れ替え、システム弄くりよく頑張っていたと思うがゴールは遠かった。これも、時間の経過と共に良くなっていくものと信じたい。それから、気になったのはトゥーリオ。神出鬼没で、何処にでも顔を出し、今回は展開が展開だったので相手ゴール前での存在がひときわ目立ったが、これって格上にも出来るプレースタイルなのか?イエメンだからやれたのか?この辺が非常に気になる。ただ、本当に運動量落ちなかったし、FKも蹴れるし、凄い選手だと思った。このプレーが格上の相手にも出来るようなら、日本はなかなかいい、攻撃の切り札を手に入れたんじゃないだろうか。ただ、彼が上がった後のスペースのカバーが大変そうだが…(^^ゞ

 連携や、システム、戦術については時間をかければ良くなっていく物だと信じたい。
 問題は、目の前に現れる決定的シーン。これを決めれるようにならないと、世界の距離は遠いままだろう。
 9/6以降はアウェー3連戦。今後の日本代表のサッカーに期待したい。 
[PR]

by 5aday | 2006-08-16 23:39 | サッカー日本代表


<< 八百屋のひとりごつ:東京大規模停電      サッカー:オシム、イエメン戦メ... >>