2006年 08月 10日
サッカー:新生日本代表、初陣は快勝、だけど…
 新生日本代表、トリ・トバをホームに迎えた初陣は、サントスの2得点&無失点で"表面上"は快勝…なんだけど、うーん…(-"-;)

 確かに、準備期間3日間。A3の日程との絡みもあってベストでないメンバー。こんな中で、試合の内容をああだこうだ言うのは違うと思うので、今回は、うだうだ言うのはやめようかなぁ、と思っているんだけど、やっぱりちょっと言わせてください(^^ゞ

■ "小気味いいテンポのパスが良く通ってた"と言う評価があるけど…

 今回のトリ・トバ戦。評価は軒並み高評価が多く、「よく走れていた」とか「ダイレクトのパスが繋がっていた」など、いい点が目立ったような記事が多かったが…
 残念!!
 今回の、トリ・トバは、W杯のチームとは全くの別物。レベルで言えば、アジアカップの1次予選みたいなレベルでしかない程度の出来のチームだった。プレスはかからない、ディフェンスラインの守備意識が低すぎ(引いてはいるが、守ろうとしていない)攻撃に明確な指針がない、このチーム相手なら、パスは繋がって当たり前、無失点が当たり前。むしろ2点で終わっているところが物足りないくらいだ。このサッカーが、同レベル以上の相手では、絶対通用しない。中盤で激しいプレスをかけられれば、たちまち出しどころが無くなり潰されるのが落ちだ。
 まあ、最初に述べたように、準備期間3日間では、如何ともし難いが…


■ 得点は2点 しかも2点ともサントスって…
 
 ある意味、オシムの采配が当たったともいえるサントスの活躍。しかし、4年後も代表に残っているとは言いがたい彼が活躍するだけでは、新生日本代表としては大いに困るはずだ。
 ディフェンスが相当緩かった今回、他の選手が是非得点して今後に勢いをつけてもらいたかったが、田中達也は、レッズの選手に助けられて幾度かチャンスを作るも、我那覇は完全に孤立しており、得点のチャンスは殆ど無かった。
 2点目は素晴らしい得点だったと思うが(何故あそこにサントスがいるのかは今回は不問)、先取点もFKと流れから来る得点ではないので、やはり得点力不足は、今回も気になる持病は治っていなような気配が…せめて、相手を完全に崩したチャンスシーンを構築してもらいたかった。びったり引かれると崩せない"創造性の欠如"も気になる。
 まあこれも、最初に述べたように、準備期間3日間では、如何ともし難いが…


■ 守備の集中がいきなり途切れるのも昔譲り…

 メンバーが変わっても、持病は持ち越しなのか…
 後半は、攻撃意欲すら感じないトリ・トバ相手に何度かピンチを迎えた。これは、体力を消耗した後半30分以降に顕著に現れたが、あのレベルの相手にピンチを迎えるようでは先が思いやられる。集中を切らさず守備をすることは、不用意な失点をしないための鉄則。オーストラリア戦の教訓を4年後には是非活かして欲しい。



…控えめに、と言う気持ちなのにバリバリ書いていますね(^^ゞ
いずれにしても、本当の評価は1年ぐらいしないと下させないと思うので、毎回代表戦を見つつ、オシムが体現したいものは何かを掴み取りたいと思います。

 まあ、4年前の初戦はドローだったわけだから、それを考えれば前進したといっていいのかな?今後をゆっくり見守りたいと思います(^^ゞ
[PR]

by 5aday | 2006-08-10 21:14 | サッカー日本代表


<< F1:ウェバー、レッドブル移籍...      F1:HONDA、39年ぶりに... >>