2006年 07月 29日
F1:第12戦ドイツGP フリー走行2回目
f0058896_2341974.jpg

P. No ドライバー チーム - エンジン タイヤ タイム 平均速度/Gaps
1. 38 R.クビカ BMWザウバー M 1'16"225 216.024 Km/h
2. 5 M.シューマッハ フェラーリ B 1'16"502 + 0'00"277
3. 37 R.ドーンボス レッドブルフェラーリ M 1'16"549 + 0'00"324
4. 3 K.ライコネン マクラーレンメルセデス M 1'17"040 + 0'00"815
5. 6 F.マッサ フェラーリ B 1'17"205 + 0'00"980
6. 36 A.デビッドソン Honda M 1'17"294 + 0'01"069
7. 9 M.ウェバー ウィリアムズコスワース B 1'17"344 + 0'01"119
8. 4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレンメルセデス M 1'17"516 + 0'01"291
9. 11 R.バリチェロ Honda M 1'17"519 + 0'01"294
10. 12 J.バトン Honda M 1'17"542 + 0'01"317
11. 2 G.フィジケラ ルノー M 1'17"672 + 0'01"447
12. 8 J.トゥルーリ トヨタ B 1'17"844 + 0'01"619
13. 7 R.シューマッハ トヨタ B 1'17"895 + 0'01"670
14. 39 M.ビンケルホック ミッドランドトヨタ B 1'17"962 + 0'01"737
15. 1 F.アロンソ ルノー M 1'18"082 + 0'01"857
16. 35 A.ブルツ ウィリアムズコスワース B 1'18"164 + 0'01"939
17. 15 C.クリエン レッドブルフェラーリ M 1'18"223 + 0'01"998
18. 20 V.リウッツィ トロ・ロッソコスワース M 1'18"366 + 0'02"141
19. 40 N.ヤニ トロ・ロッソコスワース M 1'18"460 + 0'02"235
20. 14 D.クルサード レッドブルフェラーリ M 1'18"616 + 0'02"391
21. 16 N.ハイドフェルド BMWザウバー M 1'18"636 + 0'02"411
22. 19 C.アルバース ミッドランドトヨタ B 1'18"643 + 0'02"418
23. 18 T.モンテイロ ミッドランドトヨタ B 1'18"991 + 0'02"766
24. 17 J.ビルヌーブ BMWザウバー M 1'19"113 + 0'02"888
25. 21 S.スピード トロ・ロッソコスワース M 1'19"232 + 0'03"007
26. 22 佐藤琢磨 SAF1 Honda B 1'19"365 + 0'03"140

写真と結果については、F1-Live.comより引用


 フランスGPから、今回のドイツGPまでの2週間の間に、また様々な出来事があったのでこの2週間の動きを追いかけてから、FP2の順位を確認してみたいと思います。
(エントリー中の外部リンクは全てF1-Live.comより)

■ FIA、"マスダンパー"禁止令を発令
 技術的な話をするとものすごく長くなるので割愛しますが、簡単に言えばダンパーにバラストみたいなものを取り付けることで、マシンの振動を抑え挙動を安定させてラップタイムを稼ぐ、新型のダンパーの使用禁止をFIAが通達。これにより、開発の先駆者でラップ当たり、コンマ2~3秒の恩恵を受けていたと推測されるルノーは、大ピンチに!!例年、トップを独走するチームはこのように上からの"いじめ"にあいますが、どうやらルノーも例年の伝統を受け継いでしまったようで…見てるものにとっては楽しくなりそうな気配ですが、やはりこの"基準"が毎度のごとく曖昧です。フレキシブル・ウイングは良いの?


■ FIA、"ツインタワー"を使用禁止
 続いて、一度は合法と判断されたはずの、BMWザウバーのツインタワーこと垂直ウィングも使用禁止のお達しが…フェラーリ、ウィリアムズが具体的にこのウイングの導入を検討し始めたということで、"あんなブサイクなウイングが横行したら困る"とでもFIAが思ったかどうかは分かりませんが、とにかく1戦限りでお蔵入りとなってしまいました…


■ トヨタとウィリアムズ、エンジン供給で合意
 ようやく発表されました。3年契約で両チーム同一スペック使用の合意だそうで、前に自身のブログでも触れましたが、シャーシなどの各方面での技術提携も含まれているそうです。来期は、ウィリアムズ・レクサス(トヨタ)と本家トヨタの両チームの躍進が見られる「かも」知れないです(^^ゞ 


■ トゥルーリ、トヨタと契約更新!
 その立場がかなり危ういと噂されていたトゥルーリが、2009年までのトヨタとの契約延長に合意。トゥルーリは多分引退までトヨタで走る公算が高くなったんじゃないでしょうか。
 非常に多くのドライバーが虎視眈々と、トヨタのシートを狙っていただけに、トゥルーリとしてはホッとしただろう、他のドライバーにしては悔しい決定だったでしょう。トゥルーリもこれでレースに集中できると思いますし、ポテンシャルの上がってきたトヨタにますます期待が持てそうです。


■ スチュワード、ルノーのダンパーは合法 
 ホッケンハイムの金曜日当日に、スチュワードはマスダンパーの合意性を主張。驚くべき展開にパドックは大混乱です。果たして、ルノーはマスダンパーを使用したマシンでレースを戦うのでしょうか?そもそも、マスダンパーをグランプリウイーク中に"付け替え"することは可能なんでしょうか?そして、FIAとレース・スチュワードのどちらの言い分が正しいのか、ジャッジに注目が集まります。


 さて、その他にも細かいニュースはたくさんありましたが、とりあえずドイツGPのFP2の結果を見てみましょう!!
 ツインタワーウイングがなくとも、クビカがトップタイム。素晴らしいです。地元ドイツでBMWも取り敢えずは面目が保たれたのではないでしょうか?2位に、3タテを狙うミハエルがつけています。
 さて、マス・ダンパーも禁止され弱り目に祟り目のルノーは不調。フィジケラ11位、アロンソは15位に沈みます。
 期待のSuperAguriのニューマシンSA06Aは、琢磨が最下位の26位、左近はノータイムで終わっています。
 もっともこのFP2。ウェットコンディションでスタートし、ドライに回復したのは残り時間10分少々のとき。本格的な実力を測れるセッションではなかったようです。

 明日のFP3でチームがどのような位置にいるのかが大枠分かってくると思います。SuperAguriのSA06Aも気になるところですね。あすの予選は気張ってみないといけませんね(^^ゞ
 FP3は明日の日本時間18時から、予選は21時からでっす!!
 ルノーのマズ・ダンパーはどうなるのでしょうか???
 
[PR]

by 5aday | 2006-07-29 00:18 | 2006 GP Practice


<< F1:第12戦ドイツGP予選 ...      サッカー:「セリエA不正疑惑」... >>