2006年 06月 10日
F1:第8戦イギリスGPフリー走行2回目
P. No ドライバー チーム - エンジン タイヤ タイム 平均速度/Gaps
1. 38 R.クビカ BMWザウバー M 1'21"082 228.258 Km/h
2. 2 G.フィジケラ ルノー M 1'22"294 + 0'01"212
3. 35 A.ブルツ ウィリアムズコスワース B 1'22"300 + 0'01"218
4. 36 A.デビッドソン Honda M 1'22"310 + 0'01"228
5. 8 J.トゥルーリ トヨタ B 1'22"437 + 0'01"355
6. 6 F.マッサ フェラーリ B 1'22"476 + 0'01"394
7. 1 F.アロンソ ルノー M 1'22"603 + 0'01"521
8. 5 M.シューマッハ フェラーリ B 1'22"825 + 0'01"743
9. 9 M.ウェバー ウィリアムズコスワース B 1'23"099 + 0'02"017
10. 11 R.バリチェロ Honda M 1'23"104 + 0'02"022
11. 7 R.シューマッハ トヨタ B 1'23"114 + 0'02"032
12. 37 R.ドーンボス レッドブルフェラーリ M 1'23"140 + 0'02"058
13. 18 T.モンテイロ ミッドランドトヨタ B 1'23"194 + 0'02"112
14. 4 J-P.モントーヤ マクラーレンメルセデス M 1'23"199 + 0'02"117
15. 19 C.アルバース ミッドランドトヨタ B 1'23"499 + 0'02"417
16. 39 G.モンディーニ ミッドランドトヨタ B 1'23"529 + 0'02"447
17. 12 J.バトン Honda M 1'23"707 + 0'02"625
18. 17 J.ビルヌーブ BMWザウバー M 1'23"750 + 0'02"668
19. 10 N.ロズベルグ ウィリアムズコスワース B 1'23"816 + 0'02"734
20. 16 N.ハイドフェルド BMWザウバー M 1'23"895 + 0'02"813
21. 3 K.ライコネン マクラーレンメルセデス M 1'23"915 + 0'02"833
22. 20 V.リウッツィ トロ・ロッソコスワース M 1'24"012 + 0'02"930
23. 15 C.クリエン レッドブルフェラーリ M 1'24"158 + 0'03"076
24. 21 S.スピード トロ・ロッソコスワース M 1'24"167 + 0'03"085
25. 14 D.クルサード レッドブルフェラーリ M 1'24"392 + 0'03"310
26. 40 N.ヤニ トロ・ロッソコスワース M 1'24"666 + 0'03"584
27. 22 佐藤琢磨 SAF1 Honda B 1'25"870 + 0'04"788
28. 23 F.モンタニー SAF1 Honda B 1'26"248 + 0'05"166
29. 41 山本左近 SAF1 Honda B 1'27"908 + 0'06"826

結果については、F1-Live.comを参照


 ついに始まりました第8千イギリスGP!!
 今回は、マクラーレン、レッドブルがシャーシマイナーチェンジを施しているようなのでこの2チームは特に注目です。全戦モナコGPで今年ベストのレースをしたマクラーレンと、大先生ニューウィー効果の期待が高まるレッドブル。期待せずにいられようか、いや、いられるはずはない。(高校の古文の授業みたいですね(^^ゞ)
 そして、バルセロナでコースレコードを破った(と思うんですけどその後誰か破りました?)フェラーリが、やはりルノーの対抗馬になるのでしょうか。前戦でやらかしてしまったミハエルとしても、失地回復のためにここは実力でルノーをねじ伏せてほしいものです。
 HONDAもニューエンジンを投入とのことですが…あのモナコの車の曲がらなさを見て、今年は重症だと思いました。あの3次元エアロパーツが全てドラッグに見えてしまう…そしてとどめは下品なリアウィング。もはや美しさのかけらも感じられません。HONDAよ、頼むから昔の「わしらレースやっとるんじゃけんのうぅぅぅ」という気迫を見せてください。お願いします。

 さて、FP2。例によってデータが全くない時間から書き出していますので憶測の域でしかないんですが、あれれ、コヴァライネンがいませんね。どうしたんでしょうか。最近サッカーの情報収集ばかりで、F1の情報は仕入れていませんでした。タイミングモニターに彼の名前はありません…
 クビカが1人ものすごいタイムを出していますが、予選の予想タイムは、順調に行けば、20秒前半から早くなれば19秒後半くらいを予想していますので、早くも空タンクチェックもやったんでしょうか?
 コヴァライネンの不在を埋めるべくフィジコが2番手。以下ヴルツ、ディビッドソン、トゥルーリ、マッサと続く。うーんタイムだけでは今回はさっぱり見えてみないなぁ。

 さて鳴り物入りでデビューのSuperAguriの3rdドライバー、山本左近は、最下位でセッション終了。とりあえず事故がなくて何よりです。しかし、タイムは琢磨の2秒落ち。一部報道では、フランスGPから2ndドライバーか、なんて話もありますが、この差を見る限り、今年は3rdドライバー+テスト(これからはもうあんまりテスト出来ないんじゃないでしょうか?)で経験積んだ方がいいかもしれません。あまりいやなことは書きたくないんですが、井出選手の件もありますし、慎重に決めてもらいたいものです。


 天候も穏やかと言うことで、ウェットセッションにはならなさそう。ガチンコ勝負の明日の予選に注目です!!
[PR]

by 5aday | 2006-06-10 00:00 | 2006 GP Practice


<< サッカー:W杯2006ドイツ大...      サッカー:【短期集中掲載】ワー... >>