2006年 05月 25日
F1:第7戦モナコGPフリー走行2回目
P. No ドライバー チーム - エンジン タイヤ タイム 平均速度/Gaps
1. 35 A.ブルツ ウィリアムズコスワース B 1'15"907 158.404 Km/h
2. 36 A.デビッドソン Honda M 1'16"075 + 0'00"168
3. 4 J-P.モントーヤ マクラーレンメルセデス M 1'16"138 + 0'00"231
4. 1 F.アロンソ ルノー M 1'16"221 + 0'00"314
5. 37 R.ドーンボス レッドブルフェラーリ M 1'16"292 + 0'00"385
6. 3 K.ライコネン マクラーレンメルセデス M 1'16"707 + 0'00"800
7. 2 G.フィジケラ ルノー M 1'16"721 + 0'00"814
8. 14 D.クルサード レッドブルフェラーリ M 1'16"870 + 0'00"963
9. 12 J.バトン Honda M 1'16"903 + 0'00"996
10. 6 F.マッサ フェラーリ B 1'17"251 + 0'01"344
11. 8 J.トゥルーリ トヨタ B 1'17"325 + 0'01"418
12. 18 T.モンテイロ ミッドランドトヨタ B 1'17"439 + 0'01"532
13. 11 R.バリチェロ Honda M 1'17"456 + 0'01"549
14. 39 G.モンディーニ ミッドランドトヨタ B 1'17"497 + 0'01"590
15. 5 M.シューマッハ フェラーリ B 1'17"603 + 0'01"696
16. 20 V.リウッツィ トロ・ロッソコスワース M 1'17"704 + 0'01"797
17. 9 M.ウェバー ウィリアムズコスワース B 1'17"744 + 0'01"837
18. 7 R.シューマッハ トヨタ B 1'17"812 + 0'01"905
19. 10 N.ロズベルグ ウィリアムズコスワース B 1'17"845 + 0'01"938
20. 17 J.ビルヌーブ BMWザウバー M 1'17"874 + 0'01"967
21. 15 C.クリエン レッドブルフェラーリ M 1'18"123 + 0'02"216
22. 16 N.ハイドフェルド BMWザウバー M 1'18"257 + 0'02"350
23. 21 S.スピード トロ・ロッソコスワース M 1'18"420 + 0'02"513
24. 19 C.アルバース ミッドランドトヨタ B 1'18"430 + 0'02"523
25. 23 F.モンタニー SAF1 Honda B 1'18"731 + 0'02"824
26. 38 R.クビカ BMWザウバー M 1'19"273 + 0'03"366
27. 40 N.ヤニ トロ・ロッソコスワース M 1'19"445 + 0'03"538
28. 22 佐藤琢磨 SAF1 Honda B 1'19"803 + 0'03"896

結果についてはF1-Live.comを参照


 今年ももう、第7戦。早いものです(^^ゞ
 F1第7戦モナコGP。伝統のモンテカルロ市街地コースでの開催は、日程が木・土・日と変則的なことでも有名です。いつもより1日早くup開始です(^^ゞ

 この週末。どこかのチームが来期のドライバーズラインナップを発表するのではないかという憶測が流れ、くまなくサイトをチェックしていたけど何処からも音沙汰はナシ。寂しい…

 さて上位から顔ぶれを見ていくと、久しぶりにマクラーレンが揃って上位に顔を出している!!いよいよ遅まきながらマクラーレンの逆襲が見られるか!?ちょっと楽しみ。しかしライコネンにはエンジン交換の噂が…気になります。
 
 Bシャーシを投入したトヨタは、真ん中あたり。明日の走りを見ないと本当の実力は分かりませんな。でも、大きなトラブルとかは出てないみたいで何より。

 パドックが色々な意味で「注目(?)」している、トーロ・ロッソ。しかし今回もさほど大きな躍進はなさそうで。ひょっとしたらポイントが…なんかも思っていましたがやはりそれは難しいようで。
 
そして、やはりモナコ初出場ドライバーは後方に沈む。経験がものを言うモナコ。やはり初めての人たちにとっては厳しいか…でも、琢磨は初めてじゃないぞうぞうぞう。トラブルかな?最下位は気になるなあ…

 全車コースインしてのFP2だけど、毎度のごとくこの段階での各車のポテンシャルは未知数。FP2はだいたいレッドブルやMF1あたりが躍進するのが定番になってきている。もちろん、土曜日の予選になると定位置に戻るんだけど(^^ゞ冒頭にも述べたようにマクラーレンの上位は今までに無い傾向。とても楽しみ。ウィリアムズはヴルツがトップタイムを出しているが、バレルンガのテストでモナコ用空力パーツのテストをしていた模様で今回はそれがFW28に搭載済みだとか。もしこの効果が期待できるなら、ウィリアムズがダークホースになるかも!?


 そのウィリアムズ。レースには直接関係ないんだけど、興味深い記事があったので抜粋。

■ ウィリアムズ、来期はHONDAエンジン?


 なんですかね?(^^ゞピケ・マンセルでタイトルを席捲したウィリアムズ・HONDAが来期から復活するかも、しれない。どうも記事をたどった感じでは「憶測」の域でしかない様だけど…今後の動向に注目したい。


1日空いて、予選は27日土曜日。
荒れる雰囲気がプンプン漂う予選に注目だ!!
[PR]

by 5aday | 2006-05-25 22:57 | 2006 GP Practice


<< F1:第7戦モナコGP予選:ミ...      食と健康(野菜・果物・その他)... >>