2006年 05月 13日
F1:第6戦スペインGPフリー走行2回目
P. No ドライバー チーム - エンジン タイヤ タイム 平均速度/Gaps
1. 36 A.デビッドソン Honda M 1'16"533 217.647 Km/h
2. 37 R.ドーンボス レッドブルフェラーリ M 1'16"824 + 0'00"291
3. 1 F.アロンソ ルノー M 1'16"860 + 0'00"327
4. 35 A.ブルツ ウィリアムズコスワース B 1'17"075 + 0'00"542
5. 15 C.クリエン レッドブルフェラーリ M 1'17"086 + 0'00"553
6. 5 M.シューマッハ フェラーリ B 1'17"100 + 0'00"567
7. 2 G.フィジケラ ルノー M 1'17"291 + 0'00"758
8. 12 J.バトン Honda M 1'17"414 + 0'00"881
9. 11 R.バリチェロ Honda M 1'17"417 + 0'00"884
10. 7 R.シューマッハ トヨタ B 1'17"506 + 0'00"973
11. 8 J.トゥルーリ トヨタ B 1'17"610 + 0'01"077
12. 16 N.ハイドフェルド BMWザウバー M 1'17"622 + 0'01"089
13. 38 R.クビカ BMWザウバー M 1'17"844 + 0'01"311
14. 9 M.ウェバー ウィリアムズコスワース B 1'17"908 + 0'01"375
15. 3 K.ライコネン マクラーレンメルセデス M 1'17"933 + 0'01"400
16. 17 J.ビルヌーブ BMWザウバー M 1'18"007 + 0'01"474
17. 6 F.マッサ フェラーリ B 1'18"223 + 0'01"690
18. 4 J-P.モントーヤ マクラーレンメルセデス M 1'18"261 + 0'01"728
19. 10 N.ロズベルグ ウィリアムズコスワース B 1'18"283 + 0'01"750
20. 14 D.クルサード レッドブルフェラーリ M 1'18"410 + 0'01"877
21. 40 N.ヤニ トロ・ロッソコスワース M 1'18"774 + 0'02"241
22. 39 G.モンディーニ ミッドランドトヨタ B 1'18"910 + 0'02"377
23. 21 S.スピード トロ・ロッソコスワース M 1'19"257 + 0'02"724
24. 20 V.リウッツィ トロ・ロッソコスワース M 1'19"334 + 0'02"801
25. 19 C.アルバース ミッドランドトヨタ B 1'19"358 + 0'02"825
26. 22 佐藤琢磨 SAF1 Honda B 1'19"616 + 0'03"083
27. 18 T.モンテイロ ミッドランドトヨタ B 1'20"311 + 0'03"778
28. 23 F.モンタニー SAF1 Honda B 1'22"222 + 0'05"689

備考:ヴィルヌーブはエンジン交換で10グリッド降格が決定
結果についてはF1-Live.comを参照

□ シューマッハ、“スーパーソフト”タイヤを披露 …F1-Live.com
□ ハウエット、Bスペックに期待せず …F1-Live.com


 ちなみに、直近で行われたバルセロナのテストでの最速タイムは、ルノーのコヴァライネンが記録した1分13秒926…。コンディションの違いもあるだろうから一概に比較できませんが、如何にみんな本気で走っていないかがわかります。そんな中、わりと本気で走っていらっしゃる方も数名いるようです。もう、ホント金曜日って必要ないよね…
 だから、ディビッドソンがトップタイム記録しても全然うれしくありません(;一_一)


 そこで、普段はあんまりやらないんですが、F1-Live.comから2つの記事を引っ張ってきて、ちょっとお茶話をしようと思います。


 BSのスーパーソフト、ついに出ました!!今シーズンのトレンドからしても、いつかエクストラソフトみたいなタイヤはいて、予選と決勝3スティントをスプリントのように走る作戦が出るだろうと予見していましたが、今回、フェラーリがやってくれるかもしれません。まあ、リスクも相当あると思いますが、例えばマッサだけ、と言う可能性なら大いにありますよね。まさにチャレンジ・アンド・ウィン!!いよいよ強い跳ね馬が戻ってきた感じがします。
 ルノーに対抗策はあるのでしょうか?注目でっす!!

 
 トヨタのBスペックには期待していない、ハウエットはかなり慎重な発言をしていますが…
 期待していないはずはありません!!
 ただ、トヨタは今シーズン開幕前、今年は優勝だ優勝だ!!と、言い過ぎてしまったがために、見た目の成績以上に大きな失敗をした、と言うイメージをトヨタ自らが植えつけてしまいました。Bスペックではそんな失敗をしないように、首脳陣が気を遣った上での発言だということが容易に推測できます。
 しかし、今年300億近い(!!)予算をつぎ込んでいるトヨタ。期待しないはずがありません。というか、これで結果が出なければ、賞味な話し、撤退も考えられると思います(←根も葉もない、八百屋の勝手な予想です)。もし、風洞やなんやで期待されている数字が稼げていないことがわかった上で、ハウエットがこの発言をしたのなら…300億はどーなってしまうのでしょうか(^^ゞ

 ちなみにゴシップ的ネタを一つ。
 ヴィルヌーブのエンジン、実は輸送中に落としたから壊れた、なる噂が一時出てました。まあ、結局違ったみたいですが、こんな噂が出てしまうというのも、ザウバーBMWはあまりいい流れでないからかもしれません。特にジャックは、前戦ポイント獲得し波に乗りたかっただけに歯がゆい思いをしているでしょう。

 
 明日はいよいよ予選。本気の走りに大注目です。やはり1分13秒台の決着になるのでしょうか?フェラーリのスーパーソフトタイヤに期待しながら明日を待ちまっす!!
[PR]

by 5aday | 2006-05-13 01:19 | 2006 GP Practice


<< サッカー:キリンチャレンジカッ...      サッカー:もうすぐ発表日本代表... >>